業者選びに役に立つデザイン・印刷・出版に関連した業者をご紹介します。

広告業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

ポスティングのメリットとデメリットは?

商品には自信を持っているので、もちろんテレビCMを利用できれば、商品の売上も劇的にアップすること間違いなしですが、下手に誰もみないようなケーブルテレビにCMを出してもお金をドブに捨てるようなものだし、多くの人の目に触れる民放キー局にCMを出すほどの余裕も我が社にはないので、これまでも他の宣伝方法を活用して、商品アピールを行ってきました。
今流行りのSNSは、0円で商品の宣伝ができると聞いて、専門部署をわざわざ設けて、スタッフ数人に知恵を出し合わせて3ヶ月かけてアピールしていますが、ほとんど成果が上がっていなくて、ポスティングをしようと考えています。
ポスティングも、チラシやポスターの印刷代はかかりますが、自分たちでお金をかけないでできる広告宣伝方法の一つで、専門業者に依頼しても、工夫次第で費用を抑えてもらえると聞いたのですが、ズバリポスティングのメリットとデメリットについて教えてください。


回答

ポスティングには多くのメリットがあります。


ほとんどの人は、毎日のようにポストの中身を確認して、郵便物や新聞やDMを目にして、必要なもの以外はゴミとして捨てられてしまいますが、直接ポストにチラシを入れることができるポスティングは、結果的はゴミになったとしても、一度はユーザーの目に触れさせることができるメリットがあります。
わざわざ切手代をかけて立派な封筒に入れてDMを送っても、外見だけを見て興味がなければ、肝心の商品情報を見てもらうことはできません。
効果的な宣伝方法には、新聞広告という手段もありますが、新聞の場合はある程度地域を限定できるとしても、細かくエリアを絞ることができませんし、無駄な世帯分の費用まで徴収されてしまうイメージで、それなりのお金がかかってしまいます。
エリアを広げたとしても、ポスティングの専門業者に依頼すれば、その中からユーザー層に絞った配布が可能となり、宣伝広告費を抑えることができます。
チラシ以外にも、ポストに投函できるものであれば、何でも配布できるメリットもあります。
ただし、都会などではポスティングされるチラシなどの量が多過ぎて、クレームをつけられるケースもあり、雨の日にはチラシなどが濡れてしまうメリットもあります。
どうしても人の足を使って配布することから、1日に配布できる数が限られることと、配布状況を確認しにくいところも、ポスティングのデメリットとなっています。

PageTop